ライフサイエンス分野における、
知的財産戦略の立案と実行のサポートを通じて、
顧客と患者そして医療の発展に貢献します。 

内山務知財戦略事務所が特に強みを持つ技術分野

再生医療
Regenerative medicine
バイオテクノロジー
Biotechnology
創薬
Drug development
創薬
Drug development

内山務知財戦略事務所が特に強みを持つサービス

知的財産戦略立案と実行のサポート

Patent portfolio構築
他社特許侵害回避(Freedom to operate)策
特許ライセンス
研究開発に関するアライアンス
IP due diligence
特許出願・権利化
鑑定
無効審判

コーポレート知的財産部門サポート

知的財産担当組織の確立
知的財産研修
職務発明規程
営業秘密

内山務知財戦略事務所のミッション

再生医療をはじめとして、バイオテクノロジー、創薬などのライフサイエンス分野は、医療への貢献において日本が世界のリーダーシップをとることのできる分野です。

この分野では、大手企業から中小企業、ベンチャー企業、アカデミアから個人まで、多様なプレーヤーがイノベーション創出のために力を尽くしています。

これらのイノベーションを活用できるようにするには適切な知的財産戦略の策定と実行が非常に重要ですが、きわめて限られた大手企業以外の中小企業、ベンチャー企業、アカデミア、個人は、知的財産戦略のための十分なリソースを持っているとは言い難いのが現状です。

内山務知財戦略事務所では、内山務の20年間の製薬企業等での知的財産戦略にかかわってきた経験を活かして、適切な知的財産戦略を立案し、実行することに対して最大限のサポートをすることで日本の再生医療、バイオテクノロジー、創薬の分野に貢献し、それを通じて医療に貢献することをミッションとしています。

最近の状況(2017年4月1日以降)

【お知らせ】

NEW

 内田俊生弁理士を迎えました。
 内田俊生弁理士は、特許庁において長年審査や審判にたずさわり、審査長や審判長を務め、更に大阪地方裁判所の調査官も務めた弁理士です。
 クライアントの皆様のお役に立てるよう、二人で力を合わせていきます。

【コンサルティング・顧問弁理士など】

NEW

ベンチャートータルサポート事業(厚労省)
 サポーター

NEW
プロテオブリッジ株式会社(産総研技術移転ベンチャー)
 取締役 CIPO

NEW
国立大学法人 東京医科歯科大学
 統合研究機構 イノベーション推進本部
 産学連携研究センター 
 知的財産マネージャー

国立研究開発法人 産業技術総合研究所(産総研)
 イノベーション推進本部
 ベンチャー開発・技術移転センター研究支援アドバイザー              
 創薬分子プロファイリングセンター案件担当

バイオベンチャー企業

製薬企業


【鑑定・審判】

医薬品

バイオテクノロジー

再生医療


【特許出願】

バイオテクノロジー

医薬品

診断方法


【業界活動】

NEW
日本弁理士会
   バイオ・ライフサイエンス委員会 副委員長(部会長)

【講演等】

東京医科歯科大学 医療イノベーション人材養成プログラム 特別講演会(2017.12.9)

   ライフサイエンス分野における日・米・欧 特許取得管理戦略

札幌医科大学知的財産講義 講師(2017.11.2)

AMED「医療分野の成果導出に向けた研修セミナー」講師
成果導出・基礎コース(東京 2017.10.3, 大阪 2017.10.10)
成果導出・応用コース(東京 2017.11.17 東京)

知的財産マネージメントセミナー(名古屋)共催(2017.8.29)

九州大学病院 ARO次世代医療センター 講演(2017.07.25)
   産学連携の重要性 ー製薬企業がアカデミアに期待することー

富山大学薬学部 薬学経済特講 講師(2017.7.14)
   知的財産的観点から見るこれからの創薬 ーある弁理士の思いー

AMED「AMEDシンポジウム2017」ワークショップ パネリスト(2017.5.30)
   再生医療分野の知財戦略の現状と今後



プロフィール

【内山務 プロフィール】

内山務知財戦略事務所所長

弁理士(登録番号:11045)

薬学博士

所属団体等:
   日本弁理士会
   日本ライセンス協会
   ライフサイエンス・イノベーション・ネットワーク・ジャパン(LINK-J)
   組織内弁理士協会
   関西特許研究会(KTK)




 





【職歴】

2017年4月1日:
内山務知財戦略事務所開設

2003年10月〜2017年3月:
エーザイ株式会社 知的財産部企画管理グループ長、特許グループ長、
知的財産部長(グローバルIPヘッド)として下記業務に従事。
・グローバル(日米欧)知的財産部門構築、連携および運営、職務発明規定策定、
 研究者向け知財教育などを統括。
・社内研究者へのコンサルテーション、特許戦略策定、特許出願・権利化、
 パテントクリアランス、契約、企業買収及び製品導入におけるIP due diligenceの統括。

2002年3月〜2003年10月:
ソフトバンク・インベストメント株式会社
スタートアップバイオベンチャー企業およびライフサイエンス系アカデミアにおける
研究者へのコンサルテーションおよび発明発掘に従事。

1997年6月〜2002年2月:
武田薬品株式会社 知的財産主席部員として下記業務に従事。
・特許担当者として医薬品およびバイオ分野の特許出願・権利化を担当
・バイオ特許リーダーとしてバイオ系特許出願・権利化、パテントクリアランスおよび
 契約業務をマネージメント。知財戦略室員として知財戦略策定。

1996年:
弁理士試験合格(登録番号11045)

1990年4月〜1997年3月:
第一製薬株式会社 分子生物研究室・創薬第一研究室

【業界活動】
・大阪医薬品工業協会特許部会委員
・日本製薬工業協会知的財産委員会
 (副委員長、運営委員、国内政策TFリーダー  2007-2016)
・日本知的財産協会医薬バイオ委員会
 (委員長代理、委員 2011-2012)
・「国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)
 知的財産有識者委員会」委員(2016)
・AMED「再生医療分野における知的財産戦略に関する調査有識者委員会」委員(2016)
・厚労省「医薬品医療機器産業競争力強化事業有識者委員会」委員(2016)
・AMED「知財リエゾンの管理・運営に関する請負業務」技術審査委員会 委員(2017)  
【講演等】
・富山大学薬学部特別講義「薬学経済」講師
 (製薬企業における知的財産戦略 2013-)
・日本知財学会 第13回年次学術研究発表会 企画セッション
 (医療研究開発における知的財産の利活用にどう取り組むか)パネリスト(2015)
・一般社団法人大学技術移転協議会 アニュアル・カンフアレンス2016
 (医薬・バイオ関連発明の効果的な外国特許出願を考える)パネリスト(2016)
・AMED「医療分野の成果導出に向けた研修セミナー
 (成果導出・応用コース)」講師(2016)
・その他、熊本大学医学部、熊本大学薬学部、国立遺伝学研究所、東京工業大学等にて特許戦略について講演
【執筆】
・「医薬化合物の機能表現クレームに関する日米欧の三極比較研究」
     知財管理(日本知的財産協会)Vol.56 No.1 (2006)(共著)
・「日米欧における医薬品の併用用途特許出願に対する審査実務の研究」
     知財管理(日本知的財産協会)Vol.62 No.8 (2012)(共著)
・「医薬品開発に関連した特許制度を中心とする諸制度の現状について」
     知財管理(日本知的財産協会)Vol.63 No.4 (2013)(リーダーとして共著) 
・「企業内弁理士からみたパテントトロールの動向」
   -医薬分野のパテントトロール、特許売買等のパテントトロール等への影響ー
     パテント(日本弁理士会)Vol.70 No.5 (2017)(共著)

事務所概要

名称 内山務知財戦略事務所
所在地 〒103-0027
東京都中央区日本橋2丁目1-17 丹生ビル2階
連絡先 E-mail: contact@uchiyama-ip.com
Tel: 03-6869-2564
Fax: 03-4243-2028
代表者 内山務
所長 弁理士
設立 2017年4月1日
事業内容 知的財産戦略立案および実行のサポート
事業内容 知的財産戦略立案および実行のサポート

更新情報

2018.7.4 「最近の状況」をアップデートしました。
2017.5.26 当事務所のwebサイトを開設しました。
2017.4.1 内山務知財戦略事務所を設立しました。
2018.7.4 「最近の状況」をアップデートしました。

アクセス


内山務知財戦略事務所へのお問合せ、講演・取材のご依頼などはこちらのボタンから
またはcontact@uchiyama-ip.com宛にご連絡をお願いいたします。